毎週ゼミの冒頭に行う「ブックレビュー」。
各学年一名ずつ、おすすめのフィクション・ノンフィクション作品を一冊ずつ取り上げて、ゼミメンバーにレビューを発表します。
過去に取り上げられたなかには、誰も知らないコアな作品も多く、それは、まさに「未知との出会い」です。